Q. 録音機材の対応ディスク(メディア)を教えてください

◎CDレコーダー/TASCAM:CD-RW900SL メーカーサイトへ

・データ用、音楽用いずれもご使用いただけます
・記録容量は、700MBで約80分、650MBで約74分です
・「CD-R」をおすすめいたします
 

◎SDレコーダー/Roland (旧EDIROL) R-44 メーカーサイトへ

・カードは一番大きいサイズのもの(約2cm×3cm)をご用意ください ※microSD+アダプタは不可
・容量はSD(~2GB)、SDHCカード(4~32GB)に対応しています ※SDXCカード(64BG~)は不可
・録音機材メーカーで動作確認済みのSDカードは こちらのページ にてご確認いただけます
・記録容量は、標準的な規格の場合「2GB」で約3時間、「4GB」で約6時間です

■4GB・SDHCカード使用時の録音時間(ステレオ録音)
16bit/44.1kHz : 約6時間強 ←オーディオCDの標準規格です ※普段はこの設定にしてあります
16bit/48kHz : 6時間未満 ←映像とあわせDVDにするときなどにおすすめ
24bit/48kHz : 4時間未満
24bit/96kHz : 2時間未満 ←近年流行のハイレゾ規格ですがプロ向きです(BDにするときなど)
24bit/192kHz : 1時間未満
*メーカーによって多少異なるため、大体の時間で表しています

●1公演あたり(演奏時間のみで1時間50分未満の場合)のファイルサイズと録音可能時間

・標準的なCD音質(44.1kHz/16bit) → 1.2GB程度
 4GB:3公演、8GB:6公演、16GB:13公演、32GB:26公演
・ハイレゾ(96kHz/24bit) → 4GB程度
 4GB:1公演、8GB:2公演、16GB:4公演、32GB:8公演
・ハイレゾ(192kHz/24bit) → 7.8GB程度
 4GB:―、8GB:1公演、16GB:2公演、32GB:4公演

2011年10月23日 01:48 PM

Q. 演奏をCDで録音する際、一人ひとりディスクを交換したいのですが簡単にできますか?

A. 作業自体は単純ですが、ご注意点がございます。

ディスク交換に約1分(スムーズに進んで45秒程度)かかります。
あらかじめご承知おきください。

※ディスク交換手順
録音ストップ → ディスク取り出し → 新しいディスクを挿入・読み込み → 録音スタンバイ → 録音スタート

[参考] 演奏者がエレベータを使って控室へ移動し入れ替わる場合も約1分です
演奏者:1F(ロビー) → BF(控室)へ移動 ⇒ 次の演奏者:BF(控室) → 1F(ロビー)へ移動・スタンバイ

また、休憩中や終演後にはすべてのディスクで「ファイナライズ」
(これ以上ディスクに追記せず、他機器で再生可能にするための処理)
を忘れずに行ってください。ファイナライズは1枚当たり1~2分かかります。

2011年10月23日 01:38 PM

Q. 機材一覧にDVDデッキがありますが、料金表には載っていません。これは使用できますか?

A. はい、お使いいただけます。

DVDデッキ内蔵のハードディスクに録画したものを、お手持ちのディスクにダビングしてお持ち帰りいただきます。
音声は録音機材と同じ吊りマイクのものですが、映像はモニターカメラ(監視カメラ程度の画質)です。
ディスクはPCデータ用ではなく「DVD-R ビデオ用」をご用意ください。

録画の設定は、最も一般的な「SPモード(ディスク1枚で2時間)」「ビデオ形式」に設定しておりますが、
まれにお手元のプレーヤーで再生できないケースがあるようです。あらかじめご承知置きください。
DVDデッキの使用料はいただきませんので、ご使用に当たっては自己責任でお願いいたします。

2011年10月23日 11:44 AM

Q. CD機材は、8cmのシングルCDに対応していますか?

A. はい、対応しています。スロットのセンター位置に挿入してください。

2011年10月23日 11:33 AM

Q. 録音機材を持ち込みたいのですが、ホールの吊りマイクだけ借りられますか?

A. ご利用いただけます。(マイク信号は2Fコントロールルームに送られています)

接続ケーブルは、キャノン、フォーン(標準プラグ)、RCA(ピンプラグ)、ステレオミニの用意がありますが
長さはそれぞれ1m程度です。延長用のケーブルは必要に応じてご用意ください。
なお、マイク(AT825)一式とラインの使用料は無料です。設置、録音操作は自己責任でお願いします。

2011年10月22日 11:00 AM