2012-2013年 冬期休館のお知らせ

2012年12月28日(金)~2013年1月4日(金)
メンテナンス・冬期休館とさせていただきます。
※1月5日(土)より通常営業

2012年12月27日 11:38 AM

バーチャル見学ページを開設しました

musi_panokuru360.jpg 「見学に行きたいけれど、時間が合わない」
「遠方のため、本番当日まで会場を見に行けない」
「見学はすませたが、もう一度確認しておきたい場所がある」
そんな皆さまの声におこたえして、このたび
360°パノラマのバーチャル見学ページを開設いたしました。⇒
舞台中央からは360°、中2階、2階は180°見渡せます。
エレベータから地下スタジオ(控室)へも移動可能。
ぜひお役立てください。

メニュータブの「Concert Hall >> バーチャル見学」および「Concert Hall」ページ下部サムネイル画像からもご覧いただけます。
(PC・iOS・一部のスマートフォンに対応) powered by panokul360

2012年12月14日 05:58 PM

2013年ムジカーザコンサート会員募集のお知らせ

2013年ムジカーザコンサートのスケジュールが決定いたしました。
ただいま新規・継続ともに会員申込を受け付けております。
※各公演の詳細・曲目等は、決定次第コンサートカレンダーへ掲載いたします。

また1公演単位の「1回券」は、ただいま先行予約として各回20席まで受け付けております。詳細確定前ではございますが、ご希望の公演がございましたらぜひこの機会にお申込みください。
※1回券枚数は初回公演(2/9)の前には確定いたしますが、各回50席程度(会員数により変動)を見込んでおります。

  

なお、各公演の1回券料金は下記の通りです。
----------

□第103回 2月9日(土)17:00~ 兵士の物語
   <パーティ付>    <コンサートのみ>
 一般 8,000円  一般 5,000円
 学生 4,000円  学生 2,500円

□第104回 4月17日(水)19:00~ 鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踏団 
                         「desnudo(デスヌード)」 with 鼓童
   <パーティ付>    <コンサートのみ>
 一般 7,000円  一般 4,000円
 学生 3,500円  学生 2,000円 

□第105回 6月8日(土)17:00~ 佐藤芳明・大田智美アコーディオンデュオ
   <パーティ付>    <コンサートのみ>
 一般 7,000円  一般 4,000円
 学生 3,500円  学生 2,000円

□第106回 9月20日(金)19:00~ つのだたかしプロデュースシリーズ II
                       「松田美緒 海を越える歌の世界」
 <パーティ付>    <コンサートのみ>
 一般 8,000円  一般 5,000円
 学生 4,000円  学生 2,500円 

□第107回 11月15日(金)19:00~ 藤木大地(カウンターテナー)
   <パーティ付>    <コンサートのみ>
 一般 7,000円  一般 4,000円
 学生 3,500円  学生 2,000円

□第108回 12月7日(土)17:00~ アンサンブル・セシード(室内管弦楽)
   <パーティ付>    <コンサートのみ>
 一般 7,000円  一般 4,000円
 学生 3,500円  学生 2,000円

------------

2012年11月29日 03:49 PM

新しいオーディオスピーカー「ECLIPSE TD510MK2」を導入しました

121024_TD510MK2.JPG「正確な音」の再生を追及する富士通テン:イクリプス・タイムドメインシリーズ。
これまで設置していたスピーカー、初代「TD512」に代わり
この度あたらしく「TD510MK2」を導入いたしました。

カラーも黒からシルバーに。コンクリートの壁になじんだたたずまいです。

普段は左右のM2Fに1本ずつ設置しておりますが、舞台への移動も容易で
ギター等のPA用スピーカーとしてもお使いいただけます。
アコースティック感そのままに増幅される音が得られます。
ご希望の方はご相談ください。
※コンデンサーマイク、マイクスタンド、マイクプリアンプ等はご用意ください。

●関連トピックス
富士通テン「ECLIPCE(イクリプス) TDシリーズ スピーカー」 新製品発表会開催
2012年1月29日 02:44 PM

2012年10月24日 08:09 PM

本日のステージ花

「小ぶりながらも、枝ものを多めに」とのリクエストで。

121017_1.JPG 121017_4.JPG 121017_2.JPG 121017_3.JPG 

お問い合わせはこちら → 「代々木上原 生花 ムギハナ

2012年10月17日 09:44 PM

第101回ムジカーザコンサート:亀井良信(Cl),上田晴子(Pf)

2012/09/07(金) 19:00開演 [公演詳細]

今回は、クラリネットとピアノの音色をムジカーザで堪能できる貴重な機会となりました。というのも、クラリネットとピアノのみの組み合わせで行われた主催公演は、今回が初めてだったのです。亀井さんが曲間に楽器紹介をしてくださいましたが、分解してパーツごとに紹介してくださるたびに、客席から「ほぉ~」という声が。楽器の特性などもお話してくださいました。 プログラム前半は、ヴィドール : 序奏とロンド 、ドビュッシー : クラリネットのための第1狂詩曲、プーランク : クラリネット・ソナタ。後半は、ベルク : クラリネットとピアノのための4つの小品 、ブラームス : クラリネット・ソナタ 第1番 を演奏していただきました。


撮影 : 近藤眞氏, ムジカーザ

前半の3曲は、こちらのCDに収録されています。http://yoshicla.exblog.jp/18184411 休憩中・終演後に、さっそくお買い求めになる会員さんも続々いらっしゃいました。

亀井さんと上田さんとの出会いは、フランス留学時代、同じアパートに住んでいたことがきっかけだったそう。音楽だけでなく生活の苦労も、ともに感じてきたお二人だからこそ生まれるものもあるのでしょう。お二人の音楽に対する思いが非常に高いところにあって、厳しさを感じるけれど、でも自由で温かい。プログラムもよくよく考えられていたし、一夜にかける芸術家の熱き真摯な思いが感じられる素晴らしいコンサートだったと思います。アンコールは、ボザの牧歌。こちらもCDに収録されています。まるでその情景の中にいるような、ゆったりとした心地よい気持ちになれる演奏で締めくくられました。

終演後のパーティでは、夏季恒例【樽生ビール】とキッチンひろさんの美味しいお料理の数々を囲み、亀井さんと上田さん、お客様・会員様との交流が行われました。

さらに、ムジカーザ主催公演での初めての試みとして、【インターネットによる高音質ハイレゾ配信のための収録】をいたしました。配信時期が決まりましたら、このページでもお知らせいたします。ご期待ください!! 
* レコーディングエンジニア:三住 和彦(レコーディングハウス"トーンマイスター")
* 配信サイト:AGOG Download

2012年9月13日 04:02 PM

2012年夏期休館のお知らせ

2012年8月11日(土)~16日(木)
保守点検・夏期休館とさせていただきます。
※8月17日(金)より通常営業

2012年8月 8日 08:37 PM

第100回記念ムジカーザコンサート : 詩人の恋~ドイツリートの夜

2012/07/20(金) 19:00開演 [公演詳細]

記念すべき100回目のムジカーザコンサートは、メゾソプラノの波多野睦美さんとピアノの高橋悠治さんがご登場。
「詩人の恋~ドイツリートの夜」と題された本日の前半プログラムは、ゲーテの詩によるモーツァルトとヴォルフの歌曲に始まり、続いて高橋さんのピアノソロでR.シューマンの「子どもの情景」を全曲お聴きいただきました(最後の13曲目のタイトルは「詩人は語る」でしたね!)。
そしてピアノソロの後には20世紀の作品を2曲。


撮影 : 近藤眞氏, ムジカーザ

ここでは、波多野さんからのご提案により、ドイツの子供向けしつけ絵本「もじゃもじゃペーター」から3話をピックアップしてかかれた作品「もじゃもじゃペーターより 3つの歌」はその絵本の挿絵を、老子が『道徳経』を書き上げたストーリーを題材としたH.アイスラーの「老子亡命途上での道徳経成立の物語」では日本語字幕を舞台上部に投影しました(*)。後半プログラムは、みなさんお待ちかねのR.シューマン「詩人の恋」をじっくりとお楽しみいただきました。

限定100席、舞台には100本のバラ、そして、長年お世話になっているご近所のデリバリー専門店"キッチンひろ"さんのパーティ料理も100回記念バージョンにグレードアップ!サプライズで登場した食後のスイーツには、これまたご近所の有名パン店"カタネベーカリー"さんのガレット・デ・ロワをご用意。見事フェーブ(当たり)を引き当てた4名のお客様、もとい"王様"にはパーティでお出ししていたスプマンテを1本ずつプレゼント。舞台に飾られた100本のバラはお客様に1本ずつお持ち帰りいただきました。また、過去の100回分の公演を記録した冊子もお配りいたしました。

* スチレンボード(3x6サイズ:910x1820cm)・脚立・養生テープは無料貸出可能です。 施工はボードの裏側から左右2ヶ所ずつ貼り付けるだけ。 (プロジェクタ、映像ケーブル等はお持込みください)

使用プロジェクタ:NEC NP-V300WJD(DLP方式)
(2階バルコニーから床置きで投影。CANAREケーブル/ D'sub15⇔D'sub15 /10mでPCに接続)
レンタル先:アークベル

●100回記念誌「ムジカーザコンサートのあゆみ」(PDF 7.51MB)
(ホールロビーにて無料配布中)

2012年7月22日 10:20 PM

Q. ろうそくを舞台で使用したい(火気全般の使用について)

A. 申し訳ございませんがご使用いただけません。

当ホールでは、舞台にかかわらず建物内への火気・裸火の持ち込みをお断りしております。

・アロマキャンドル
・ろうそく灯り
・ケーキのろうそく
・タバコ など

一般的に、火気等を使用する場合はホール及び消防署の許可が必要となりますが
当館は消防署の許可自体が下りません。あらかじめご了承ください。

参考:知っていますか?こんな場所での火気使用規制 禁止行為と解除承認(東京消防庁HP)

2012年7月12日 10:44 AM

Q. スモークマシンは使えますか?

A. 申し訳ございませんが、スモークマシン類は水溶性・油性・気化式・ドライアイス等すべてにおいて、ピアノへの影響(湿気による内部や弦の変質、薬剤の付着による塗装の変質など)があるため、キャパシティの小さい当ホールではご使用をお断りいたしております。 ご了承ください。

2012年6月21日 04:25 PM

第99回ムジカーザコンサート:杉山康人(Tu)

2012/06/15(土) 17:00開演 [公演詳細]

年に1回開催している「珍しい楽器シリーズ」。今年はソロリサイタルとしてはなかなか聴きにゆく機会のない「テューバ」を取り上げました。
アジア人で初めてウィーン国立歌劇場管弦楽団のオーディションに合格し2005年9月までウイーン・フィルに在籍、2006年からクリーヴランド管弦楽団の首席テューバ奏者を務めていらっしゃる杉山康人さんをお招きし、前半はピアノの中村真理さんと、そして後半はアコーディオンの佐藤芳明さんとの共演でお楽しみいただきました。


撮影 : ムジカーザ
2012年6月20日 04:31 PM

【TV/BSフジ】3D★3D 「ショパンの愛した音色~仲道郁代が奏でる3Dコンサート~」

3D★3D.jpg6/9(土)23:30~24:00
 「ショパンの愛した音色~仲道郁代が奏でる3Dコンサート~」 

ムジカーザにはじめてショパン時代のプレイエル3Dカメラが入りました!
仲道郁代さんご本人もちょうど1ヶ月ほど前にご対面したばかりという
フランスのピアノ「プレイエル」(恐らく1842年製とのこと)を運び込んでの収録です。その様子は仲道さんのブログでも写真つきで紹介されていますのでぜひご覧ください。
曲目はエチュードやワルツからエオリアン・ハープ、子犬、革命、別れの曲など。
ショパン時代のピアノ、モダンピアノ(当館のスタインウェイB-211は1999年製)を
仲道さんが弾き比べています。お楽しみに!

↓[みどころ][ 番組概要 ]はBSフジ公式サイトへ

<3D★3D>(サンデー・サンデー)
http://www.bsfuji.tv/top/pub/3d3d.html

2012年6月 3日 10:28 AM

【TV/テレビ東京】100年の音楽

ヴァイオリニスト川井郁子さんご出演の、毎週金曜日22:54からの5分番組「100年の音楽」がムジカーザで収録されましたtv
6月以降の放送分です。

共演・編曲の朝川朋之さんは、ご自身のピアノ
「ベヒシュタイン C. Bechstein」をお持込になりましたshine スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン。世界三大ピアノがムジカーザに一堂に会したことになりますねsign01(スタインウェイとベーゼンドルファーは格納されていましたが)

川井さんセレクトの曲目、川井さん・朝川さんの演奏はもちろん、
すてきな衣装やムジカーザの映り具合(?)にもご期待くださいnote

2012/06/01(金)22:54~23:00【翼をください/赤い鳥】
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/20093_201206012254.html

2012/06/08(金)22:54~23:00【雨に唄えば Singin’ in the Rain】  朝川朋之(Pf)
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/20093_201206082254.html

2012年6月 1日 10:37 AM

オペラ公演の舞台セッティング

ムジカーザでは2001年よりほぼ隔年でオペラ公演を企画・上演しておりますが、近年では貸しホールでご利用のお客様もオペラ(コンサートオペラ・セミステージ形式なども)を企画される方が増えてまいりました。当館のような空間、特に客席が近いホールでオペラを上演する場合は、細かい演技や大道具・小道具の使い方などに、大ホールとは違った独自の工夫とアイデアが必要になってきます。

これまでに、軽いお芝居付のオペラアリア集(時にはピアニストを役に駆り出すことも!)やオペラの公演で当館をご利用いただいている顧客さまより、舞台セッティングの参考資料としてお写真を借用いたしました。
ついたてや客席のひな壇、木製組机、外階段下のベンチなど当館の備品を上手く活用した舞台づくりとなっています。仕込み約60分、バラシ~現状復帰約20分というコンパクトさ、ご参考までに。


フォトアルバムリンク

●2009/10/21(水)「アリアはお好き?」Vol.6 ~ヘンデルさんこんにちは~
 オペラ「ジュリオ・チェーザレ」抜粋 他
●2010/12/02(木)「アリアはお好き?」Vol.7 ~オペラヴァージョン~
 オペラ「椿姫」
●2012/04/27(金)「アリアはお好き?」Vol.8 ~コメディ編~
 「奥様♥メイド」(セルピーナの婚活大作戦!) [公演詳細]

2012年5月 9日 08:13 PM

第98回ムジカーザコンサート:仲道郁代(Pf)

2012/04/25(水) 19:00開演 [公演詳細]

今年第2回目の主催コンサートでは、素晴らしい経歴をお持ちで今もなお多くのファンから親しまれ続けている、ピアニストの仲道郁代さんに出演していただきました。
仲道さんは、子供のためのお話しを交えたコンサートや、レクチャー付きコンサートなど、クラシックを親しみやすくする企画を精力的になさっていらっしゃいますが、今回のプログラム前半はベートーヴェンのソナタ「月光」「熱情」、後半はオールショパン!アンコールでは「愛のあいさつ」を演奏されました。


撮影 : 近藤眞氏, ムジカーザ

耳なじみのある曲や大曲を、ムジカーザならではのアットホームな空間で聴けるとあって、心待ちにされていたかたも多く、開場の3時間前からいらっしゃったお客様も...! 力強く心温まる演奏と、なごやかな語り口で曲の聴きどころをすべての曲間に解説され、多くのファンの方々、お客様を魅了してくださいました。

そして、本日の立食パーティのメインはシュークルート。 ドリンクは、Podere Santa Lucia 「2010 Marche Rosato」 をご用意いたしました。バラの花、赤い果実の実の香りがフレッシュに香り、酸味のバランスがよいロゼです。 紫がかった輝きのあるピンク色は仲道さんのイメージにもピッタリ!でした。

2012年4月30日 01:39 PM

【Radio】第94回ムジカーザコンサート : 語りと音楽

TOKYO FMグループの衛星デジタルラジオ番組「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」に
昨年「第94回ムジカーザコンサート : 語りと音楽(2011年9月10日)」の
「プラテーロと私」でご出演いただいた石丸幹二さんとつのだたかしさんが登場します。
そしてこの番組の中で、上記公演のライブ録音の一部が紹介されることになりました。

[放送日]
●ミュージックバード放送:
専用のチューナーとアンテナが必要です
5月6日(日)10:00~11:00 MUSICBIRD Cross Culture
5月7日(月)23:00~24:00 MUSICBIRD Cross Culture
http://musicbird.jp/

*MUSICBIRDはTOKYO FMグループの高音質CS衛星デジタルラジオ。
クラシック、ジャズなどジャンル別に多数のチャンネルがあり、   
これを聴くには専用のチューナーとアンテナが必要。
お問合せは03-3221-9000
http://www.musicbird.jp/

●FM放送:
ラジオ、インターネットラジオ、ケータイ、スマホなどでも聴く事ができます。
詳細はそれぞれのHPを参照してください。

5月6日(日)5:00~5:45 TOKYO FM&radiko.jp(インターネット首都圏限定)
http://radiko.jp/

5月5日(土)28:00~29:00 K-MIX(FM静岡)
http://www.k-mix.co.jp/
http://keitai.fm/mtm/pc/fmkeitai/index.html

その他詳細は「ダウランド アンド カンパニイ」のダウランドニュースへ。

2012年4月28日 12:26 PM

月刊ショパン/2012年4月号

201204cover.jpg月刊ショパン今月号の表紙は、いま話題の天才少年ピアニスト
「牛田智大(うしだともはる)」さん。
この表紙と巻頭インタビュー写真の一部がムジカーザで撮影されました。

撮影後の様子は2月のブランブログにて
http://www.musicasa.co.jp/blanc_blog/2012/02/

●月刊ショパン/2012年4月号
http://www.chopin.co.jp/200709renewal/monthly/201204.html

2012年3月22日 02:24 PM

メール受信エラーのお詫び

平素よりムジカーザをご利用いただき誠にありがとうございます。
3/4(日)夕刻より本日午前中まで、当社メールサーバがダウンする事象が発生いたしました。
皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

発生時間: 2012年3月4日(日) 19時頃 ~ 2012年3月6日(火) 10時頃まで

事  象: メール受信エラー(問合せフォーム、チケット申込フォームを含む)

上記時間帯にメールを送られた場合は、未着となった可能性がありますので
大変お手数ではございますが再送いただけますようお願いいたします。

現在は無事に復旧をしております。
今後ともムジカーザをよろしくお願い申しあげます。

2012年3月 6日 11:32 AM

第97回ムジカーザコンサート : セレナーデ ~秘めやかに闇を縫うわが調べ~

~ つのだたかし プロデュースシリーズI ~
2012/03/03(土) 17:00開演 [公演詳細]

今年最初の主催コンサートは、リュート奏者のつのだたかし氏プロデュースによる公演で幕開けとなりました。
今年から年1回、4年間で計4公演を、つのだ氏にプロデュースしていただきます。

記念すべき第一回目は、ヴィオラ奏者の川本嘉子さんに共演していただきました。つのだ氏は、プログラム前半のダウランド・コレルリをリュートで、後半の・シューベルト・ピアソラを19世紀ギターで演奏されましたが、今回使用した19世紀ギターは、シューベルトが考案したギター"アルペジョーネ"の製作家でもあるヨハン・ゲオルク・シュタウファー(1778-1858)の製作によるもの。調弦にとても時間がかかってしまうのですが、その間にも川本さん、つのだ氏の興味深いお話を交えながらの楽しいひとときとなりました。
つのだ氏の爪弾くリュートと19世紀ギターの繊細で柔らかい音色、川本さんの豊かで魅惑的なヴィオラの音色、それらがとけあって生み出される響きはとても素晴らしいものでした。


撮影 : 近藤眞氏, ムジカーザ

そして3月3日はおひな祭り!
開演前・休憩中には温かいお茶と、和菓子をサービス。それに梅の切花を添えて、「春」を演出いたしました!
終演後の立食パーティでは、ちらし寿司や、デザートにはひな祭りケーキも登場。ドリンクは岩手県盛岡市の酒蔵「あさ開」から、新酒とにごり酒「雪渡り」を取り寄せし、好評をいただきました。

2012年3月 5日 03:24 PM

富士通テン「ECLIPCE(イクリプス) TDシリーズ スピーカー」 新製品発表会開催

120123_4.jpg120123_2.jpg120123_1.jpg2012/1/23(月)~25(水)、富士通テン「ECLIPCE(イクリプス) TDシリーズ スピーカー」 新製品発表会が行われ、初日にはプレス向けイベントが開催されました。

カーナビ/カーオーディオとして馴染みの有る「ECLIPCE」ですが、この「TDシリーズ」はホームオーディオ製品です。

ムジカーザには同シリーズ初代であるTD512を導入していますが、そのきっかけは、オーケストラとギターの福田進一氏の共演の際に使用されたスピーカーが「まるでPAしていないような音」というマエストロ井上道義氏の評価から。
当館のスピーカー設備は影アナや司会・トークで使用されることが多い中、はじめて音楽的用途として使用したのは、2003年7月のムジカーザコンサート「山田武彦プロデュースシリーズIV」での、渡邉辰紀さんのチェロ独奏によるカール・ヴァイン作曲「インナーワールド」でした(チェロ独奏の途中から、チェロの音を加工した録音をスピーカーで流す現代曲)。まるで「共演者」ともいえる再現性・自然な音が魅力のスピーカーです。

120123_3.jpg今回は、5シリーズ(※)のモデルチェンジ。詳しい内容はオーディオ雑誌社のサイトに紹介されておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

※7シリーズ: 最高峰、ハイエンド、フラグシップモデル Φ12cm
 5シリーズ: スタンダードモデル Φ10cm、Φ8cm
 3シリーズ: 小型モデル。iPodやTV、PCオーディオなどに Φ6.5cm

■関連記事

オーディオビジュアルのポータルサイト Phile-web
2012年1月24日/ファイル・ウェブ編集部
http://www.phileweb.com/news/d-av/201201/24/30192.html

ステレオサウンド・オンライン
2012年1月24日/月刊HiVi編集部
http://www.stereosound.co.jp/news/article/2012/01/24/7211.html

※今回の内覧会で使用されたスクリーンは100インチだそうです。
 スクリーンの持ち込みを検討されているかたは是非参考にしてください。

2012年1月29日 02:44 PM